記事一覧

IWC 「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ “トリビュート・トゥ・3705"」を発表~先駆者から革新者へ、90年代に思いを馳せたアイコンの復活

「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ “トリビュート・トゥ・3705”」は、1994年にIWCシャフハウゼン初のパイロットウォッチとして発表されたブラックの酸化ジルコニウムセラミック製の「ブラック・フリーガー」をオマージュした、1000本の限定生産となる特別なタイムピースです。問合せ:IWCカスタマーセンター(0120-05-1868)



90年代のアイコニックなクラシックモデルRef.3705の第2世代
1994年に登場した伝説のセラミック製「フリーガークロノグラフ(パイロット・ウォッチ)」(Ref. 3705)にオマージュを捧げる限定モデル、「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ “トリビュート・トゥ・3705”」。初代モデルの鮮烈な魅力をすべて継承しながら、現代的な革新をも携えた“ネオ・ヴィンテージ”デザインが特徴です。

すべての素材が固有の性質を持ち、それぞれに特有の利点があります。腕時計に必要な機能的且つ審美的要件を満たすための革新的な素材の探求は、エンジニアリングに対するIWCのアプローチにおいて核をなす要素となっています。IWCはその歴史の中で、ケース素材の制作に関し独自の専門性を獲得してきました。

94年のオリジナルモデル(「Ref. 3705」)は、ケース素材にブラックの酸化ジルコニウムセラミックを使用した先駆的なタイムピースでした。この素材は非常に硬く、極めて割れにくいうえ、腐食にも強いという利点を持つ、IWCによる初のブラックセラミック製パイロット・ウォッチで、「ブラック・フリーガー」と呼ばれました。スーパーコピー時計当時、この耐傷性のケース素材を使用するのは非常に難しく、これは他の時計メーカーに先駆けた実験的な試みでした。わずか1000本の限定生産であったことから、今ではクラシックなカルトウォッチとして、IWCのタイムピースの中でも最も希少なモデルの一つとなっています。

しかし、その高度な革新性とピュアなデザインにもかかわらず、当時このモデルは注目されませんでした。わずか1000本ほどしか生産されなかった「ブラック・フリーガー」の魅力が時計愛好家によって再発見されたのは、それから四半世紀がたってからのことでした。今では、その上品でネオヴィンテージの魅力によって、Ref. 3705はIWCの近年の歴史の中でも人気の高いコレクターアイテムとなっています。


“トリビュート・トゥ・3705”
このユニークなオリジナルモデル(「Ref. 3705」)をたたえ、その特長をさらに一歩先へ進めたることで、「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ “トリビュート・トゥ・3705”」は誕生しました。革新的な素材を追求したオリジナルモデルと同様、トリビュートモデルも革新的な素材を使用し、ケース、クロノグラフプッシャー、ピンバックルにすべてセラタニウム®を採用しています。
IWCが開発したこの新素材は、チタニウムのような軽さと強さを持ちながら、同時に初代モデルのセラミック製ケースのような、硬度と耐傷性をも備えています。



セラタニウム®とは
シャフハウゼン発の最新の革新的な素材が、セラタニウム®(セラミック化されたチタニウム)です。この新素材はチタニウムに匹敵する軽さと堅牢性を持ちながら、セラミックと同様の硬度と耐傷性を備えています。
セラタニウム®は、IWCのために特別に製造された特殊なチタニウム合金をベースとしています。IWCのレディースすべての部品が、この素材を削り、旋盤加工し、ドリルで穴を開けることによって制作されます。その後、それらを炉で焼成します。この工程で変化が起こり、素材の表面がセラミック化します。焼成によって、傑出した硬度などセラミック特有の性質が備わるだけでなく、魅力的なマットブラックの色合いが生まれます。

【関連記事】:各種人気腕時計の日常メンテナンス

狂騒の20年代のアイコン

この時計の起源は1919年に遡り、当時のヴァシュロン・コンスタンタンは、さまざまケース形状を試作し、いつも少量をシリーズ生産していました。オーデマピゲ 時計修理やがて「腕時計」が一つのジャンルとして確立されるようになると、ケースに用いられるフォルムの中でも、特にクッション型が腕時計のスタイルにふさわしいとされ、1919年に少数のモデルが製作されました。
その2年後、ヴァシュロン・コンスタンタンは、米国向けに腕時計を少量生産、「アメリカン 1921」と名付けます。「アメリカン 1921」はそれに由来し、現在の「ヒストリーク」の復刻デザインもこれが元となっています。


1920年代に創作されたモデルのデザインには、およそ10年間に渡ってアメリカ合衆国とヨーロッパに刷新の風を送り込んだ狂騒の1920年代のエッセンスが背景にあります。新たに勃興した芸術や文化をもって語られる狂騒の1920年代は、大胆さと慣習の打破が渦巻く時代でした。
経済成長も絶好調となり、ほぼ裸に近いジョセフィン・ベーカーがバナナ・スカートを身に着けて肌も露わに踊り、クラブやダンスホールにはチャールストンのダンスミュージックやジャズが響き渡り、芸術の分野ではシュルレアリスムが主役の座を獲得しました。ヴァシュロン・コンスタンタンの工房でも、この時代の次から次へと発明を生む強烈なパワーによって、新たな展望がもたらされました。
腕時計が懐中時計に取って代わり始めたこの時代、時計のムーブメントが小型化され、創造性が開花しました。1921年のヴィンテージモデルのように、まさに「Classic with a twist」というスタイルで、時計は節度と奔放を巧みに融合されたのです。

探し求められる逸品
「アメリカン 1921」は、なによりまずエレガントで控え目なクッション型ケースを外観の特徴とするユニークなデザインが目につきます。また、時刻表示のための舞台装置に対するアプローチも他とは違います。反時計回りに45度回転させ、思いもよらない位置にオフセットされたムーブメントは、時刻を斜めの方向で読み取るようになっており、リュウズはケース右側上方
の1時と2時の間に置かれています。その結果、非常に独創的で魅力的な時計に仕上がりました。

【関連記事】:http://dannoso.top/

ヴァシュロン・コンスタンタンのレディース・コレクション新作「エジェリー・オートマティック・ダイヤモンドパヴェ」~大切な時の仲間

エジェリー・オートマティック・ダイヤモンドパヴェ~大切な時の仲間

オートオルロジュリーとオートクチュールが出合った「エジェリー」コレクションは、新しい2つの「エジェリー・オートマティック・ダイヤモンドパヴェ」が仲間入りすることよって、その個性に新たな一面を加えます。さりげなく遊び心を加味した、そのシックでクラシカルなスタイルの魅力は、特徴的なアシメトリー表示を保ちながら、光り輝くドレスに身を包んで姿を現しました。Watches & Wonders 2021で発表されたこの新しいモデルは、メゾンが掲げる「Classic with a Twist(伝統的でありながら遊び心がある)」と題した2021年のテーマの一翼を担い、伝統を称え、大胆で予想をはるかに上回る時計を発表するメゾンの一貫した姿勢は、ヴァシュロン・コンスタンタンの創作エネルギーを浮き彫りにします。

女性らしさには無数の表情があります。
同じように「エジェリー」コレクションも、オートクチュールの洗練された世界や、ヴァシュロン・コンスタンタンの歴史遺産を優雅に彩るオートオルロジュリーにおいて19世紀から受け継がれるデザインコードから想を得た多様なバリエーションを通じて、本来の個性を発揮してきました。日常生活において心強い味方であり、大切な夜のお供ともなる「エジ ェリー」コレクションのピュアな美しさは、特異な主張を持った個々のディテールを一つにまとめあげた巧妙なデザインから生まれます。
洗練され、現代にしっかり歩調を合わせたこの時計が今、優美なダイヤモンドのドレスをまとって新たな魅力をふりまきます。



輝きを放つ美しさ
「エジェリー・オートマティック・ダイヤモンドパヴェ」は、あらゆる角度から差す光をとらえて反射します。美しさの秘密はどこにあるのでしょうか? それは、18Kホワイトゴールドもしくは18Kピンクゴールで作られた直径35mmのケースとケースサイド、細身のベゼル、ラグとその内側に至るまで見事にセットされた303個ものダイヤモンドです。



ゴールド製のダイヤルもまた、輝きに満ちあふれています。
574個のダイヤモンドをあしらったダイヤルは、時の流れを眩いばかりの光景へと変えます。このダイヤルで展開するショーはまず、ヴァシュロン・コンスタンタンのロゴと180度向かい合うようにオフセットされた日付表示や、1時と2時の間に配されたリュウズから始まり、リュウズのトップにあしらわれたローズカット ダイヤモンドもコケティッシュな雰囲気を醸します。


【関連記事】:http://adventurous.top

ジラール・ペルゴの CEO、パトリック・プルニエは言います。

「間違いなく私たちのもっとも象徴的な時計を、パートナーを組むアストンマーティンのチームに捧げながら、同時に高級時計について斬新な見方を提示することができ、うれしく思っております。通常、私たちが他の人々との共同作業によってスリー・ブリッジに新しい解釈を加えるということは、ほとんどありません。タグホイヤー カレラしかし、デザインに関するアストンマーティンの優れた能力を踏まえ、今回は例外としました。


アストンマーティン車のデザインを見ると、特徴的なフロントグリルに気づきます。これは、1950年代後半の DBMark III で初めて登場したものです。同様に、アストンマーティンの現代のモデルに見られるスクープやサイドストレークは、空気力学を改善するための機能的な要素ですが、これによって車の全体的な外観も豊かなものとなっています。



ジラール・ペルゴも、これと同じような哲学を共有しています。例えば、今や伝説と化しているスリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨンを 1867年に発表したとき、ジラール・ペルゴはこの 3つの機能的な部品を魅力的な美しい特徴へと変化させました。こうして示されたアプローチを、現在でも私たちは採用し続けています。最後に、この最新のパートナーシップにより、ジラール・ペルゴの 230年の歴史に新しい魅力的な章が加わることになります。」


また、アストンマーティンの執行副社長兼チーフ クリエイティブ オフィサーのマレック・ライヒマンは、こう言います。
「想像されたとおり、今回の新作で私たちが直面した課題の中でも最大の懸案事項となったのはそのスケールでした。というのも、これまで自動車デザインの分野で扱ってきた概念をはるかに超える小さなスケールでラインやプロポーションを練り上げる必要があったからです。スーパーコピーブランドとは言え、時計でも自動車でも、優れたデザインは優れたデザインであり、本質的なことは何も変わりません。私はこの時計の仕上がりに喜んでおり、このプロジェクトに参加したすべての人におめでとうと言いたいと思います。この協力関係から、非常に美しい時計がつくられたからです。」

【関連記事】:http://yamada777.top

<セイコーセレクション>より、カントー地方のポケモン「フシギバナ」「リザードン」「カメックス」をイメージした、スペシャルモデル第二弾を発売

セイコーウオッチ株式会社は、<セイコーセレクション>から、幅広い世代に人気のポケモン、「フシギバナ」「リザードン」「カメックス」をモチーフにした「セイコー&ポケモン スペシャルモデル」3機種を8月6日(金)より日本国内限定で発売いたします。希望小売価格は各49,500円(税込)です。

フシギバナのもつ「くさタイプ」をイメージしたグリーンカラーのダイヤルに、フシギバナのわざの1つである「ソーラービーム」を、グラデーションで表現しました。フシギバナの背中にある大きな花の中心に向かって光が集まる情景を演出しています。また、12か所のインデックスに花の模様をあしらい、ベゼルには「ツルのむち」をモチーフにしたグラフィックを施しました。サブダイヤルには、フシギダネとフシギソウがデザインされています。

〈リザードンモデル〉SBPY159
リザードンのもつ「ほのおタイプ」をイメージしたレッドカラーのダイヤルに、リザードンのわざの1つである「ほのおのうず」をダイナミックに表現しています。ジラール・ペルゴ ロレアートインデックスは、リザードンの特徴的な鋭いキバや爪をイメージした形状を採用し、ベゼルにはリザードンが吐く灼熱の炎を演出しました。サブダイヤルには、ヒトカゲとリザードがデザインされています。



カメックスのもつ「みずタイプ」をイメージしたブルーカラーのダイヤルに、カメックスのわざの1つ「ハイドロポンプ」を型打ち模様でエネルギッシュに表現しました。インデックスは、ロケット砲から吹き出す水流をイメージ。また、カメックスの特徴である、巨大な甲羅とロケット砲を、ベゼルのパターンとクロノグラフボタンで演出しています。サブダイヤルには、ゼニガメとカメールがデザインされています。



進化前の姿のポケモンが描かれたサブダイヤルは、進化するレベルの目盛をハイライトしており、成長していく相棒との思い出を蘇らせてくれます。9時位置の秒針はモンスターボールをモチーフにしており、ポケモンを捕まえる際にボールが揺れ動く様子をイメージしています。

身に着けるだけで、お気に入りの相棒がいつも傍にいるかのように感じられる本作は、自分へのご褒美にはもちろん、プレゼントにも最適です。


【関連記事】:http://makey4short.top

タグ・ホイヤー 、日本限定モデル「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 ジャパン ブラックエディション」を発表

タグ・ホイヤー 、日本限定モデル「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 ジャパン ブラックエディション」を発表

タグ・ホイヤーは、アイコニックなタグ・ホイヤー カレラ クロノグラフの新しいブラック エディションを日本限定で発表しました。大胆なブラックの外観で、スポーティで洗練されたスタイリッシュなタイムピースです。



●タグ・ホイヤーは、「タグ・ホイヤー カレラ キャリバーホイヤー02 ジャパン ブラックエディション」を発表


1960年代以降、モーターレースのスリリングな世界と明確に結びついているタグ・ホイヤー カレラ コレクションは、ジャック・ホイヤーの先見性のあるデザインにインスパイアされた数々の伝説的な時計を生み出してきました。この度、2020年に発売された人気モデルである「タグ・ホイヤー カレラ スポーツ クロノグラフ」に再び大胆な創造性を吹き込み、44mmのDLC加工を施したステンレススティール製のケースとダイヤルを備えたフルブラックのステートメントピースに変身させました。


300本限定のこの新しいエクスクルーシブなモデルは、タグ・ホイヤーのDNAであるアクションとエレガンスを見事に表現しています。ファントムブラックのシックなアリゲーターストラップは、スポーティスピリットをシームレスに引き立てるラグジュアリーなタッチです。ダイヤルには、ブランドの特徴であるファセットインデックスと針にブラックゴールドプレートを施し、サーキュラーブラッシュ仕上げとアズラージュ仕上げのクロノグラフカウンターがさらに深みと洗練された雰囲気を与えています。


このモデルのためにケースバックに特別に採用したサファイアクリスタルは、これは平安時代から着物に使われてきた日本の伝統色である「萌黄色(もえぎいろ)」から着想を得ています。時計を外した際にのみ現れるグリーンカラーがとても印象的です。日本限定300本、それぞれに "SPECIAL EDITION JAPAN "と "ONE OF 300 "の刻印が施されます。また、この大胆でモダンな時計は、グリーンのケースバックとコーディネートされた特別なパッケージで提供されます。


また、ムーブメントはスイスのシュブネにあるタグ・ホイヤーのマニュファクチュールで製造されている最先端の自動巻クロノグラフムーブメント、「キャリバー ホイヤー02」が搭載されています。 このムーブメントは、コラムホイールやバーティカルクラッチを含む168個の部品で構成されており、卓越したクロノグラフの計時性能を特徴としています。この時計は約80時間のパワーリザーブを誇ります。


【関連記事】:スマートな印象を与えてくれる定番のデザインが人気

モーリス・ラクロア 新作モデル「アイコン オートマティック アーバン トライブ」発表~フリーランニングのスペシャリスト、シモン・ノゲイラともインスピレーションを共有

モーリス・ラクロア 新作モデル『アイコン オートマティック アーバン トライブ(AIKON AUTOMATIC URBAN TRIBE)』発表

「モーリス・ラクロア」が『アイコン オートマティック アーバン トライブ』を発表しました。オメガ スピードマスター コピー印象的なエングレービング「アイコン オートマティック アーバン トライブ」の直径は42mm。ステンレススティール製のケースは、人間工学に基づいたデザインで定評があり、快適な着け心地を実現しています。



この限定モデルは、ケースとブレスレットにレーザーによるエングレービングが施されています。ステンレススティール製の表面には多くのラインとカーブが施され、光を受けて崇高な触感をもたらします。エングレービングされたモチーフは、自己表現の手段であるタトゥーにも似ています。同様に、モーリス・ラクロアは、「アイコン オートマティック アーバン トライブ」が着用者にとって何かを意味し、肌に密着して持ち主と一体感を感じられる時計であることを願っています。


サンブラッシュ仕上げのClous de Paris(クル・ド・パリ)文字盤には、夜光性の時針と分針、中央にスイープ秒針、そして日付表示を備えており、すべての情報が明確に伝えられます。しかし、その機能性に加えて、アイコンのオーナーなら誰でも知っているような、圧倒的なスタイルの良さがあります。



ケースバックはシースルーになっており、自動巻きキャリバーML115 を見ることができます。オメガ OMEGA (アンティーク)このムーブメントには、サーキュラー・グレインおよびスネイル仕上げが施され、ローターにはコート・ド・ジュネーブ・モチーフおよびケースやブレスレットと同様のエングレービングが施されています。


【関連記事】:モンクレールはフランスで生まれたプレミアム・ダウンの老舗ブランド。

パテック フィリップ【2021 新作】グリーンの文字盤とストラップを備えたプラチナ仕様の「ワールドタイム・自動巻フライバック・クロノグラフ 5930P-001」

1940 年製作のユニークピースからインスピレーションを得た5930 モデルは、自動巻フライバック・クロノグラフと、パテック フィリップの歴史において象徴的なコンプリケーションである、ワールドタイムという2 つの機能を搭載している。このモデルは2016年、ブルー文字盤のホワイトゴールド仕様として発表されている。ブライトリング 時計パテック フィリップは、このタイムピースをよりスポーティに再解釈し、プラチナの輝きにグリーンの文字盤とストラップを組み合わせたニューバージョンを発表した。


1930年代にルイ・コティエにより発明されたワールドタイム機構
都市表示リングには、都市名がグリーンで記載されている。手仕上げによるギヨシェ装飾が施されたグリーンの文字盤センターは、高度なクラフトマンシップによる精緻な仕上がりを誇る。6時位置の微細な同心円模様の施された30分計にも同じ色が用いられている。ホワイトゴールドの夜光付植字アワーマーカーとファセット仕上げドフィーヌ型時・分針が、どんな状況でも最高の視認性を保証してくれる。
 ワールドタイム機能は、世界24 タイムゾーンの時間を同時に表示する。タイムゾーンの変更は、10 時位置のプッシュボタンを繰り返し押して、到着地のタイムゾーンを代表する都市名が12時位置に来るまで、都市表示リングを回転させれば完了である。タイムゾーンの変更の際、ムーブメントの精度はまったく影響を受けない。



パテック フィリップ「年次カレンダー搭載自動巻フライバック・クロノグラフ 5905/1A-001」
自動巻き(Cal.CH 28-520 HU)。38石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約55時間。21Kゴールドローター。PT(直径39.5mm、厚さ12.86mm)。3気圧防水。パテック フィリップ・シール。1155万円(税込み)。



キャリバーCH 28-520 HU のクロノグラフにはコラムホイールと現代的なディスクタイプの垂直クラッチが搭載されており、クロノグラフ作動中もムーブメントの精度やパワーリザーブに影響を与えることなく、摩耗を最小限に抑えることができるため、クロノグラフ秒針を常時作動させてセンターセコンドとして使用することができる。クロノグラフ作動中に4 時位置のプッシュボタンを押すと、クロノグラフ指針はゼロ復帰した後、自動的に新たな計測を開始する(フライバック機能)。

【関連記事】:http://mamezo0210.top

「ベンチュラ」を愛したキング・オブ・ロックンロール“エルヴィス・プレスリー”生誕80周年記念モデル「ベンチュラ エルヴィス80」が登場


1957年に世界初のエレクトリックウォッチ(電池式時計)として発売されたベンチュラ。画期的なテクノロジーとエキセントリックなデザインで、発売と同時に1万2000個以上の驚異的なセールスを記録。発売から半世紀以上たつ現在でもなお、斬新で新鮮に映るそのデザインは、国内外で多くの著名人に愛され続けています。かの“エルヴィス・プレスリー”もそのひとり。1961年に映画「ブルーハワイ」でベンチュラと共演したエルヴィスは、公私を通じて愛用したと言われ、後にベンチュラは“エルヴィス・ウォッチ”としても広く知られることになりました。ジャンルを超越した音楽スタイルや個性的なファッションなど、時代を先駆けた彼の生き方はまさに、“常識や変化を恐れない”というベンチュラのスピリットそのもの。2009年に発売されたエルヴィス記念モデルは、日本でもたちまち完売となり、エルヴィス、そしてベンチュラの不動の人気を証明しました。エルヴィス生誕80周年を迎え、ベンチュラに待望の新作が登場。モダンなデザインへと更なる進化を遂げた「ベンチュラ エルヴィス80」が誕生します。



時を越えて進化し続けるアイコンウォッチ


  “革新的であること”-1957年の発売以来、変わることのないベンチュラのスピリット。「ベンチュラ エルヴィス80」は、大胆にカーブを描くサファイアクリスタルのガラス、輪郭を削ぎ落とした滑らかなケースライン、独創的なケースフォルムと見事に一体化したストラップなど、デザインとテクノロジーの新境地に挑んでいます。すべてのパーツが滑らかに融合した一体感のあるデザインは、車のフロントからインスピレーションを受けたもの。これは、初代ベンチュラをデザインし、キャデラックをも手掛けたプロダクト・デザイナーのリチャード・アービブへのオマージュも込められています。ケースと見事に融合したストラップ、ブランドカラーのオレンジでカラーリングされたスタイリッシュな秒針、そしてカーブを描く三角形のケースが、アイコニックなデザインに更なる深みを与えるコンテンポラリーなタイムピースに進化しました。



最新技術で新たな時代を見据えて


  スタイリッシュなブラックPVDケースをまとう機械式自動巻モデルには、ハミルトン専用ムーブメントH-10を搭載。フューチャリスティックなデザインに相応しい、標準持続時間80時間を実現しました。ストラップにはスポーティーなブラックラバー(H24585331)と、ステッチが施されたカーフストラップ(H24585731)を。また、シルバーカラーのケースがアクセントを利かせるクオーツモデル(H24551131・H24551331・H24551731)には、ネオ・レトロな印象を漂わせ、エルヴィスがカスタマイズして愛用したフレックスタイプのメタルブレスレットからインスピレーションを受けたモデルもラインナップ。機械式自動巻きとクオーツ、素材やカラーコンビネーションなど、豊富なラインナップも魅力。左右非対称のアイコニックなケースは、幅42.5mmの絶妙なサイジングで圧倒的な存在感を与えます。すべてのパーツが一体となった滑らかなフォルムは腕元に心地よくフィットし、装着感も抜群。人々を惹きつけて止まないベンチュラは、カントリーミュージックをR&Bと融合させた音楽で最先端を歩んだエルヴィス・プレスリーのように、そのルーツを忘れることなく未来を見据えて進化し続けます。


【関連記事】:どんな年代の女性にも似合うなデザイン

時計にアートとしての価値を授けた、リシャール・ミル「RM 74-01 オートマティック トゥールビヨン」

時計界の常識を覆した稀代の「ウォッチコンセプター」が生み出す時計の姿をした「アート」|リシャール・ミル『RM 74-01 オートマティック トゥールビヨン』
21世紀のラグジュアリーウォッチ界に、最も衝撃を与えた存在といえる「リシャール・ミル」。スーパーコピー初めてこのブランドの名前を知った女性は、まずこの価格に驚愕するかもしれません。

しかし、今や1億円超えのモデルも続々と発表し、それさえもまたたく間に完売。世界的にすべての時計が極めて入手困難な状況が続いているため、ハイエンドの時計ユーザーの心をますます熱くさせています。

長らくラグジュアリーウォッチビジネスに携わっていた創業者のリシャール・ミル氏が、ブランドを立ち上げたのは、2001年。時計師でもエンジニアでもない、「hacopy 届く?」として、11マシンに通じる超絶機構を備えたエクスクルーシブを極めた時計をつくることに心を砕きました。

現在では、ある意味、「成功の象徴」として時計界の頂に昇り詰めた「リシャール・ミル」。時計にアートとしての価値を授けた「時計界のF1」の伝説は、まだ始まったばかりです。



リシャール・ミル『RM 74-01 オートマティック トゥールビヨン』¥56,100,000 ●ケース:グレーサーメット×チタン ●ケースサイズ:縦52.63×横34.40mm ●ストラップ:レザー ●自動巻き(リシャールミルジャパン)
「リシャール・ミル」の多くの時計に採用されているトノー形ケースに、完全自社開発の自動巻きトゥールビヨンムーブメントを搭載。

ケースの「グレーサーメット」とは、独自に開発した特殊金属で、耐腐食性と耐傷性を兼ね備える。鮮烈なレッドのストラップで、至高の個性と存在感を発揮する。

【おすすめの関連記事】:http://hgyao520.top

2021新作 パネライ「ルミノール パーペチュアルカレンダー ゴールドテック™」「ルミノール パーペチュアルカレンダー プラチナテック™」


パネライの歴史は、ジョバンニ・パネライが19世紀にフィレンツェに最初の時計店・時計製造学校を開設してから現在に至るまで、新しい創造物を考案し続けています。

 時計の世界で最も困難な複雑機構の1つ、パーペチュアルカレンダーは何年もの間、31日未満の月と閏年を自動的に認識して日付を示すことができる機能です。パネライ初のパーペチュアルカレンダーは、ルミノール パーペチュアルカレンダー ゴールドテック™とルミノール パーペチュアルカレンダー プラチナテック™、どちらもブティック限定モデルとして登場します。

 ブランドにとって前例のない領域を拓いた、新しい自社製自動巻きムーブメントP.4100は、パネライの研究開発部門ラボラトリオ ディ イデーが開発し、ヌーシャテルのパネライ マニュファクチュールで製造されました。

 ツールやコレクターを使用せずに、曜日、日付、月と年を、月末や深夜帯などの制限無しにリュウズによって直感的な調整が可能です。中央には時針、分針、GMT針が、9時位置にスモールセコンドと24時間サブダイヤルとデイナイト表示が、そして3時位置にデイトと曜日表示が配置されています。



P.4100ムーブメントは、4Hz(毎時28,800振動)で振動し、2バレルで最大3日間のパワーリザーブを蓄えます。オフセンターのマイクロローターによって、厚さわずか7㎜のムーブメントに全ての機能を維持させることを実現しています。

 文字盤に表示される要素は、分、時、日、日付、GMT 24時間表示および秒。パネライデザインの特性である視認性の高さを維持するためにシンプルで最小限に抑えられています。イタリア語で「永久カレンダー」を意味する「Carendario Perpetuo」という言葉の存在のみが、その内部の実際の複雑さの程度を明らかにします。サファイアのケースバックからは、パーペチュアルカレンダーの重要な指標である月、年、閏年表示に加えてパワーリザーブ残量を見ることができます。

 パネライが、この昔ながらの複雑機構と、ブランドの典型的な要素である、特許取得済みのリュウズプロテクターを備えたルミノールケースとサンドイッチダイヤルを組み合わせたのは自然なことです。パネライ時計 ルミノールルミノール パーペチュアルカレンダー ゴールドテック™は、270本限定で、ブルーのサンブラッシュ文字盤はパネライ独自のプレシャスマテリアルを引き立てます。ディープブルーのトーンをコーディネートする2つのストラップ、1つはしなやかで洗練されたブルーグリーンのアリゲータ ー、そしてスペアはスポーティなスタイルを表現するラバーです。



ルミノール パーペチュアルカレンダー プラチナテック™はプラチナ950を使用して作成された希少なモデルです。プラチナテック™はパネライのコレクションの中でも限られたリファレンスにしか用いられない素材で、グリーンのサンブラッシュ文字盤のみが組み合わされます。ブラウングラデーションのアリゲーターストラップとブラウンのラバー製スペアストラップが付属し、100本限定です。

 ルミノール パーペチュアルカレンダーの防水機能は5気圧(水深約50m)で、それぞれケースと同素材の台形ピンバックルがあしらわれています。ストラップを交換する際にバックルを取り外すドライバーも付属しています。

【おすすめの関連記事】:http://michqmq.top

タグ・ホイヤー(TAG Heuer)唯一無二の腕時計を創造する


タグ・ホイヤーは、スイスで1860年に創設された腕時計メーカーです。クロノグラフの文字盤が印象的で、ケースはいずれの製品もしっかりとした力強さを表現。 近年では、スマートフォンと連動できるスマートウォッチもあり、便利さとデザイン性を兼ね備えています。



ブルーカラーをベゼルやインデックスに用いたさわやかな印象のメンズ腕時計。ケースのサイズが41mmと存在感を醸しながらも、手元から上品さをしっかりとアピールできるのが魅力です。

3時方向にデイト表示、12時方向にはブランドロゴが施されており、細部にまでこだわって作られているのが特徴。また、ケースの素材にステンレスが採用されているなど、耐久性の高さもポイントです。



200mの防水機能を備えており、ケースにサテン仕上げのステンレスを採用しているなど、堅牢性に優れているのが特徴のメンズ腕時計。アウトドアシーンや水仕事の際にも使えるので便利です。

9時位置に機能性の高いアラームのサブダイヤルが搭載されているなど、ディテールにこだわりが見られるのもポイント。シルバーのケースにブラックのダイヤルを合わせるなど、デザインも絶妙です。

【関連記事】:http://jpwatch.top/

男が惹きつけられるその歴史。ロマンを伝えてくれる腕時計

世界から総勢65ブランドが出店する日本最大級の時計展「三越ワールドウオッチフェア」。

限定品、稀少モデルなどとともに奥深き時計の魅力にドップリ浸れる13日間は8月15日(水)からスタート! 今回は腕時計が持つ、ロマン溢れる歴史を紐解く。

時を計るという目的から生まれた時計は、人間の生活に寄り添い、それこそ長い時をかけて進化や熟成を重ね、今や完成の域に達している。

この間、日常だけでなく、冒険や挑戦の場でも変わらぬ時を刻み、その腕元で勇気を与え、励まし、偉業を支えてきたのだ。

決して後ろに戻らぬ針は、前に進む気持ちをかき立てる。そして時計が刻むのは時だけでなく、物語であることを知るのだ。

SEIKO
セイコー/プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル
未知なる深海へ挑む、その使命を背負う



チタンケース、52.4mm径、自動巻き。35万円/セイコー(セイコーウオッチ 0120-061-012)
セイコーは1965年に国産初のダイバーズウォッチを発表して以来、海洋開発の歴史と歩みをともにし、今も技術革新を続ける。ロレックス デイトナ コピーその実力は独自の技術開発の性能規格が国内外のダイバーズウォッチ規格の制定に貢献したことでも証明済み。

そんな由緒あるDNAを受け継ぐ本作は、優れた性能で世界各国のプロダイバーからも絶大な信頼を得る。

裏蓋のないワンピース構造のケースと独自のL字型パッキンにより、高い防水性と気密性を実現。通称“ツナ缶”の名で親しまれる耐衝撃性に貢献する外胴プロテクターを採用したシンボリックなケースデザインも健在だ。

いまなお多くの謎を残している深海の世界。ロレックス腕時計 レディース飽くなき挑戦はより深く、深海のベールを剥がすのだ。



2014年9月、JAMSTECの無人探査機「かいこう7000Ⅱ」に同スペックのモデルを装着し、保証深度をはるかに上回る3000m地点での駆動を確認。圧倒的な性能を実証した。
※すべての製品で同様の結果を保証するものではありません。


【関連記事】:快適な旅を叶えるトラベル小物特集

変身に合体……高級腕時計が持つ意外な二面性に男心ぐらり!

パチッ、クルッ、ガチャ……。そんな要領で時計を着替える。気分や好みでパーツを付けたり、外したり。まさに遊び感覚だ。男はいくつになっても変身や合体というギミックが、好き。機械式時計から最先端時計まで、心踊るヤツらがここに。

HUBLOT
ウブロ/ビッグ・バン レフェリー 2018 FIFA ワールドカップ ロシア
サッカー愛が実ったスマートウォッチ



世界限定2018本。チタンケース、49mm径。55万円/ウブロ 03-3263-9566
2018 FIFA ワールドカップ ロシアにおいて、レフェリーが実際に着用したのがこの時計だ。ウブロのサッカー愛が、最先端システムとアイコンウォッチ「ビッグ・バン」と融合する形で結実。

Wear OSを搭載し、全試合の状況がリアルタイムで確認できるほか、出場国モチーフのダイヤルデザインへの変更なども可能となる。ウブロ時計ラクマ別売りストラップ(時計購入者のみ受注販売)に合わせて、画面ごと着替えれば、いやが上にも盛り上がるはず。

DANIEL LAZAR
ダニエル ラザー/エイスワンダー
プロテクターで気軽に“お着替え”可能な新ブランド



今秋発売予定。チタンケース、縦60×横50mm、自動巻き。38万円[予価]/ビックグローブ 03-3401-8006
ジュエラーを出自とするNY生まれのティレットから、その弟ブランドとして誕生したばかりのダニエル ラザー。

同じく時計のジュエリー的表現を追求し、最新作でもユニークな手法を取っている。ポイントは、ダイヤルを覆う「井形」のプロテクター「グリッド」。SS製のこちらは、プレーンとダイヤセッティングの2種類あり、別売りにて付け替え可能なのだ。

RALPH LAUREN
ラルフ ローレン/RL オートモーティブ スケルトン45MM
革ストラップとSSブレスがセット&簡単付け替え


SSケース、44.8mm径、手巻き。344万円/ラルフ ローレン 表参道 03-6438-5800
ラルフ御大が愛するヴィンテージカーと時計をまとめ上げたオートモーティブコレクション。従来展開するブラックのラインナップに新たに加わったのが、着色なしのスチールシリーズだ。

SSをポリッシュとブラッシュで仕上げ分けた繊細な作りは、アイコンのインド紫檀ベゼルともマッチ。うれしいのは、アリゲーターストラップとSSブレスの同梱。工具なしで取り替え可能なため、楽しみは2倍だ。


【関連記事】:レディース /最新人気ランキング

今よりもっと、もっと進化できる。可能性とツナガル時計

スマートフォンの登場から約10年。最新のテクノロジーに刺激され、腕時計の進化は加速を続けている。だが追い求めるのは機能だけではない。ときには伝統と交わることで、予想だにしない答えが見つかる。時計の可能性を探る旅に終わりはない。

CASIO PRO TREK SMART プロトレックスマート
WSD-F30
圧倒的なタフネスと新機能で充実のアウトドアライフを



樹脂ケース、53.8mm径。6万1000円/カシオ計算機 03-5334-4869
アウトドア用スマートウォッチの先駆け的存在。米国国防総省が制定する耐久試験「MIL-STD-810G」に準拠するタフな構造は、厳しい環境下でも問題なく作動する証し。最新作では、行動パターンに合わせた3つのモード、カラーとモノクロの2層構造のディスプレイによる高い視認性など、新機能が充実。さらに大幅なサイズダウンを実施し、ユーザーフレンドリーな設計に。

TAG HEUER タグ・ホイヤー
コネクテッド モジュラー 41
ガジェットとしての魅力を最大限に引き出した先端時計



チタンケース、41mm径。13万円/タグ・ホイヤー 03-5635-7054
シリコンバレーの最新テクノロジーと、スイスの時計製造のノウハウ。この2つの技術の結晶が「コネクテッド モジュラー 41」だ。前作よりもディスプレイの解像度を上昇させただけでなく、容量を8GB、RAMメモリーを1GBに増量することで、スムーズな動作を実現させた。さらに自分好みにカスタマイズできることも魅力で、ケース、ブレスレット、ラグのデザインを自由に選択可能。

GARMIN ガーミン
フェニックス 5 プラス サファイア チタン グレイ
音楽と寄り添うことで魅力を増したGPSウォッチ



チタンケース、47mm径。10万4800円/ガーミンジャパン 049-267-9114
マルチスポーツ対応のGPSウォッチ。本作の目玉機能は、USB経由でパソコンから音楽や音声コンテンツを転送することができ、最大500曲をウォッチに保存することができるという音楽機能だ。スマホに依存されることなく、Bluetoothイヤホンやスピーカーとペアリングすることで、それらを聴くことができる。このほかにもあると大変便利な決済機能や地図機能も搭載。

EMPORIO ARMANI エンポリオ アルマーニ
ART5008
デジタルツールとの融合で汎用性が飛躍的に高まる



SSケース、43mm径。4万9000円/フォッシルジャパン 03-5992-4611
洗練されたシンプルスタイルゆえ、幅広い着こなしにマッチするエンポリオ アルマーニの新モデル。デザイン性の高さはもちろん、スマートウォッチとしての機能も優秀で、心拍センサー・GPSトラッキングが新規で搭載された。加えて、泳げる程度の防水性を備えていることにも注目で、サードパーティ(外部)アプリを使えば、水泳トラッキングも行える。使い勝手の向上は素直に喜ばしい。

APPLE アップル
アップル ウォッチ エルメス-44mm
すべての面で進化を遂げた話題のウェアラブルデバイス



SSケース、縦44×横38mm。13万9800円/アップル www.apple.com/jp エルメスジャポン 03-3569-3300
アップルウォッチがエルメスと手を組んだ、第4作目。シリーズ最大のディスプレイを持つケースを筆頭に、3つの指標を表示するアクティビティトラッカー、あらゆるワークアウトをサポートする新機能などを搭載する「アップル ウォッチ エルメス」。そこに、エルメス製の美しいツートーンレザーストラップを装備。テクノロジーと伝統がツナガル、そんなコラボレーションだ。

MONTBLANC モンブラン
サミット2
時差ボケの解消につながるユニークな機能に注目



SSケース、42mm径。11万5900円/モンブラン 0120-39-4810
モンブラン初のスマートウォッチ「サミット」から、ケースをひと回り小さくした第2弾モデルが登場。機械式時計のデザインコードと先端技術の橋渡しを目指す、というコンセプトはそのままに、1000通りを超えるウォッチフェイスが楽しめる。愛用者のパーソナルデータに基づき、別のタイムゾーンに移動した場合でも、素早く体内時計の調整ができるようアドバイスしてくれるという新機能も面白い。


【関連記事】:スモール トップハンドルバッグ

『キャリバー11』の誕生50周年アニバーサリーモデル「クロノマチック50」が発売

時計史に名を残すムーブメント、『キャリバー11』が開発されてから50年目となる今年、ハミルトンがアニバーサリーモデルとなる「クロノマチック 50」を発売する。



ウォッチメイキングのマイルストーン「キャリバー11」
 1969年3月、ホイヤー(現タグ・ホイヤー)、ブライトリング、ハミルトンがそれぞれ新作クロノグラフを発表した。それらに共通して搭載されていたのが、3社とデュボア・デプラが共同で開発した自動巻きクロノグラフムーブメント『キャリバー11』だ。機構のモジュール化、つまり既存のムーブメントにクロノグラフ機構を追加するという手法で開発されたこの『スーパーコピー時計』は、現代的なクロノグラフへとつながる貴重な作品である。
 同年にはセイコーとゼニスが同じく自動巻きクロノグラフを発表・発売するなど、69年はクロノグラフにとって非常に重要な年となったのであった。
 今回発表された「クロノマチック 50」は、70年代の登場以来コレクターの間で絶大な人気を誇る「クロノマチック E」を復刻したモデルだ。



6時位置にデイト表示、3時と9時位置にはインダイアルが配置され、均整のとれたデザインとなっている。ケースの右側に配置されたふたつのクロノグラフプッシュボタンは赤くペイントされる。この赤のカラーリングは30分積算計の一部と秒針、クロノグラフ針、日付表示、そしてインナーにも施されており、スタイリッシュな黒のダイアルとの対比で鮮烈なインパクトを放っている。

 ケースには70年代のヴィンテージな雰囲気漂うステンレススティールケースを採用。48mm径というビッグサイズもあいまって、存在感のあるビジュアルだ。またブラックレザーのストラップは、ドライビンググローブを思わせるデザインとなっている。
 
 同じモデルでは自動巻きクロノグラフムーブメントのCal.H-31を搭載。ETA7753をベースにしたCal.H-31は、約60時間のパワーリザーブを実現している。

 ハミルトンにとって『リシャールミル コピー』の開発は、1957年発売の世界初電池式時計である「ベンチュラ」に続く、大きな革新であった。50周年を迎えた今年、「クロノマチック 50」はハミルトンのウォッチメイキングへの情熱と創造性を体現するタイムピースとなるだろう。



ハミルトン「クロノマチック 50」Ref.H51616731
自動巻き(Cal.H-31)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約60時間。SSケース(縦48.5×横51.5mm)。10気圧防水。2019年12月発売予定。世界限定1972本。30万1000円(税別)。


【関連記事】:茨城県の最新ファッション情報

ブランパンがミシュランガイドのパートナーに

ブランパンが、「ミシュランガイド」との提携を発表した。3 間にわたるグローバルパートナーシップは、マニュファクチュール ブランパンとオートキュイジーヌの世界との30 年以上にわたる密接なつながりの自然な延長線上で締結された。

世界中のスターシェフとブランパンの親密な関係



世界中のスターシェフとブランパンの親密な関係は、現在のオートキュイジーヌブームが始まるよりずっと以前に始まった。パネライ時計 ルミノールブランパンフレンドであるシェフのフレディ・ジラルデ氏が「ワールド・ベスト・シェフ」賞を受賞した記念に、ブランドが特別なエングレービングを施した時計をプレゼントした1986年が美味しい関係の始まりだ。その3 年後、ポール・ボキューズ氏とジョエル・ロブション氏と共にジラルデ氏が「シェフ・オブ・ザ・センチュリー」に輝いた時にも、ブランパンはオートキュイジーヌへのコミットメントを改めて表明し、その受賞を記念して、それぞれにエングレービングを施した時計を贈り、彼らの業績を称えた。これ以降、ブランパンとスターシェフたちの友情の輪は広がり続けており、現在ではスペイン人シェフのマルティン・ベラサテギ氏、スイスのエドガー・ボヴィエ氏、フランス・オーベルニュ地方出身のジュリアン・ ロイヤー氏を初めとして、いずれもミシュランガイドで星を獲得し、料理界で国際的に活躍している一流シェフたちも新たに仲間入りを果たしている。


ブランパンを着ける有名シェフのミシュランガイドの星は100を超えた



1986年以降、有名な料理コンテストの公式タイムキーパーを務めたり、ブランドのコーポレートマガジン『Lettres du Brassus』の中で世界屈指のレストランを紹介したりするだけでなく、ブランパンは有名シェフの手首に30年以上にわたりその時計を飾り続けている。ブランパンが支援するスターシェフたちが、現在および過去に獲得したミシュランの星の数は100を超え、腕時計と食をつなぐ友情の輪をさらに強く広げるべく、ブランパンはミシュランガイドのパートナーに名乗りを上げた。

 ブランパンとミシュランガイドの長期にわたる広範なパートナーシップは、国際的な美食シーンに足跡を残すことになるだろう。毎年、上海から東京、ニューヨークを経由してパリまで、こうした都市のみでのレストランを評価するだけでも20 以上のイベントが開催され、ガイドブックが発表されるからだ。

【関連記事】:大分県のファッション情報

世界初登場!トム フォード タイムピースからインターチェンジャブルなSSブレスレット

トム フォード タイムピースは同社のユニセックスライン「N.001」専用のブレスレットを発表、7月27日より発売開始する。「N.001」のレクタンギュラーケースにフィットするよう設計されており、ブラッシュドブレス(サテン仕上げ)、ポリッシュドブレス(鏡面仕上げ)、ブラックマットDLCの3種(M / Lサイズ)で展開される。ユニークな引き通し型の設計により革ストラップから金属のブレスレット、またはその逆に、素早く簡単に交換可能だ。



2018年に発表され、現在はスクエアの「N.001」、ラウンドの「N.002」で構成されている「トム フォード タイムピース」。ストラップを簡単に取り換えられるようにデザインされたケースが特徴で、手織りの編み込みレザー、アリゲーター、ポニーヘアカーフ、そしてグログランなど、50種類を超えるラグジュアリーなストラップが用意されている。リューズにはブラックオニキスのカボションがセットされ、ダンディズムが溢れている。ケースとストラップは別々に販売されるファッション通好みなシステムだ。「トム フォード タイムピース」は、世界各地のTOM FORD直営店とオンラインストア(TOMFORD.com)、一部の高級百貨店と時計専門店で発売されている。

わずか2ミリ厚の引き通し型 SSブレスレット
 「N.001」専用に開発されたSSブレスレットは引き通し型で簡単に取り換え可能だ。ブレスの厚みはわずか2mm。非常に薄く、バタフライバックルと3連リンクが特徴である。コマの裏側もRをつけて削ってあるため肌なじみが良く、誰でも着け心地の良さを感じるだろう。時計の裏蓋に当たる部分はSSでなくラバーで作られており、時計に傷がつかないよう工夫されている。

日本橋高島屋ウオッチメゾン、池袋東武、BEST新宿、ISHIDA 表参道、ISHIDA N43°、岡山トミヤユーロサロン、アイアイイスズ、ティットコレクション、福岡大丸、心斎橋大丸、札幌大丸およびトム フォード ブティック(阪急メンズ/新宿伊勢丹メンズ/名古屋松坂屋/うめだ阪急/神戸大丸)で購入可能。写真のブレスレットはポリッシュド(鏡面仕上げ)。



ブレスレットのサイズはミディアムとラージの2 種類。両サイズともポリッシュとブラッシュが9万4000円、ブラックDLCが14万3000円である。ラウンドの「N.002」専用ブレスレットも10月発売予定である。

レインボーカラーの自発光マイクロ・ガスライトをセットしたボールウォッチ「マーベライト」ケースも904Lにグレードアップ!

堅牢かつ信頼性の高いプラクティカルな機械式時計を展開するボール ウォッチは、2019年からスーパーステンレススティールとも呼ばれている、「904Lステンレススティール」を一部コレクションのケースやブレスレットの素材として採用をスタートしている。今回、「マーベライト」のマイナーチェンジモデルにもこれを適応し、「エンジニア Ⅲ マーベライト」として発表した。さらにダイアルには6色から構成される自発光マイクロ・ガスライトを設置し、特別なレインボーエディションとしている。

レインボーカラーの自発光マイクロ・ガスライト



ボールウォッチ「エンジニア Ⅲ マーベライト」
自動巻き(Cal.RR1103)。SS(直径40mm、厚さ13.15mm)。80,000A/mの耐磁性能。5,000Gsの耐衝撃性。100m防水。20万円(税別)
同一価格帯最強の耐磁性と耐衝撃性
 マーベライトは、あらゆるファッションやシチュエーションにもマッチする3針スタンダードコレクションとして、本格派機械式のファーストウオッチや愛好家たちのデイリーユースの一本に選ばれてきた。文字盤外周部まで届きそうなスマートなドルフィン針、明瞭な形状のインデックス、拡大レンズを備えたカレンダー表示、扱いやすい40mm径のラウンドケースなど、腕時計の基本性能に忠実なモデルだ。これらに加えてボール ウォッチらしい機能として、ニューメタル製インナーケースの内蔵による80,000A/mの耐磁性能と、5,000Gsの耐衝撃性も実現。それらに904Lステンレススティールの新採用により、同価格帯随一のコストパフォマンスを誇るモデルへと進化した。



904Lステンレススティールは、316Lステンレススティールよりもクロム含有率が高く、酸や塩化物の影響を受けにくい。また、耐食性に優れるオーステナイト系ステンレスと、高硬度なフェライト系ステンレスの特徴を併せ持ち、金属アレルギーを引き起こしにくい性質を持つ。極めて硬質なため成形加工には特殊な技術が必須だが、表面を美しい光沢仕上げとすることが可能だ。
 スタイリッシュなデザインや高機能に加え、個性をアピールする新たな試みとしてグリーン、ホワイト、イエロー、ブルー、オレンジ、パープルのカラーに仕上げた特殊な自発光マイクロ・ガスライトをインデックスと針に装備。とくに磨き上げられたアプライドメタルインデックスには最大サイズのマイクロ・ガスライトがセットされ、暗闇では文字盤全体がレインボーカラーに浮かび上がる幻想的な雰囲気を演出する。普段使いに最適な正統派ながら、他人と違ったデザインを好むタイプににぴったりなタイムピースのデビューだ。


【関連記事】:山口県の流行ファッション情報

ジラール・ペルゴとアストンマーティンのコラボレーション第一弾は「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン – アストンマーティン エディション」

今年初頭に発表された、ジラール・ペルゴとアストンマーティンのパートナーシップから、初めて生まれた時計が公開された。「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン – アストンマーティン エディション」は、ジラール・ペルゴの時計製造に関する知見と、アストンマーティンのラグジュアリーとパフォーマンスに関する独自の知識とが融合されている。



スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨンの意味
 ジラール・ペルゴには、見えないものを見えるようにする長い伝統があるが、この例では、従来の枠を超えて冒険に挑み、ケースの中でムーブメントが空中浮揚しているかのような時計となっている。スーパーコピーこれはムーブメントを切り詰めることで実現され、地板が消えたように見えることから、ケースの内部でムーブメントが浮かんでいるような錯覚が得られる。こうした独特な特徴から、「フライングブリッジ」という名称が与えられた。



「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン – アストンマーティン エディション」の44mmケースは、アストンマーティンによって選ばれた軽量かつ、アレルギーを起こしにくい丈夫な合金であるグレード 5 のチタンでできている。ブラック DLC(ダイヤモンド ライクカーボン) コーティングを施すことで、ステルス性の高い外観となっている。興味深いことに、チタン鉱は、ジラール・ペルゴが創業したのと同じ1791年、アストンマーティンの故郷であるイギリスにおいて、イギリスの聖職者ウイリアム・グレガーによって発見された。
ジラール・ペルゴ「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン – アストンマーティン エディション」
自動巻き(cal.GP09400-1683)。27石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約60時間。グレード5 Ti(直径44mm、厚さ15.52mm)。30m防水。世界限定18本。1738万円(税込予価)。※世界初の素材であるラバー合金(ホワイトゴールドを注入したラバー)インサートを用いたブラックカーフレザーストラップが無料で付属。
 サファイアクリスタル「ボックス」が前面と背面に採用され、同軸採光によってケース内部を照らすことで視認性を高めている。ムーブメントは地板が排され、2枚のサファイアクリスタルガラスに挟まれることで、空中に浮いているように見える。文字盤全体に広がるジラール・ペルゴを象徴するスリー・ブリッジは、ブラック PVD(物理的蒸着法)処理を施したチタン製で、角がポリッシュ仕上げされている。こうした設計により、空気のように軽やかな印象となっており、通常は視界から隠されているムーブメントの部品も眺められ、息を飲むような美しさだ。



文字盤の下側に配置されたトゥールビヨンケージは、19世紀にさかのぼるジラール・ペルゴのすべてのトゥールビヨンに見られる、特徴的な「竪琴(リラ)」の形をしている。ケージに取り付けられたブルーの針は、秒を表示する。トゥールビヨンケージは直径わずか10mmで、79個の部品でできているにもかかわらず、重さは合計 0.25 グラムしかない。この驚くほど小さな数字が、エネルギーの消費の抑制に役立っている。


12時位置に配された香箱にはスケルトン加工が施され、主ゼンマイの一部を眺めることができる。香箱の下に取り付けられたホワイトゴールド製マイクロローターが主ゼンマイを動かしており、多くの自動巻き時計とは異なり、これによってムーブメントの眺めが妨げられることはない。ブルガリ 時計 電池交換マイクロローターの側面には、アストンマーティンの名前が刻印され、ここにはホワイトの蓄光塗料が塗布され、暗所で青く光る。同様に、インデックスと針にもホワイトの蓄光塗料が塗布され、やはり暗闇では青い光を放ち視認性アップに貢献している。