記事一覧

IWC 「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ “トリビュート・トゥ・3705"」を発表~先駆者から革新者へ、90年代に思いを馳せたアイコンの復活

「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ “トリビュート・トゥ・3705”」は、1994年にIWCシャフハウゼン初のパイロットウォッチとして発表されたブラックの酸化ジルコニウムセラミック製の「ブラック・フリーガー」をオマージュした、1000本の限定生産となる特別なタイムピースです。問合せ:IWCカスタマーセンター(0120-05-1868)



90年代のアイコニックなクラシックモデルRef.3705の第2世代
1994年に登場した伝説のセラミック製「フリーガークロノグラフ(パイロット・ウォッチ)」(Ref. 3705)にオマージュを捧げる限定モデル、「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ “トリビュート・トゥ・3705”」。初代モデルの鮮烈な魅力をすべて継承しながら、現代的な革新をも携えた“ネオ・ヴィンテージ”デザインが特徴です。

すべての素材が固有の性質を持ち、それぞれに特有の利点があります。腕時計に必要な機能的且つ審美的要件を満たすための革新的な素材の探求は、エンジニアリングに対するIWCのアプローチにおいて核をなす要素となっています。IWCはその歴史の中で、ケース素材の制作に関し独自の専門性を獲得してきました。

94年のオリジナルモデル(「Ref. 3705」)は、ケース素材にブラックの酸化ジルコニウムセラミックを使用した先駆的なタイムピースでした。この素材は非常に硬く、極めて割れにくいうえ、腐食にも強いという利点を持つ、IWCによる初のブラックセラミック製パイロット・ウォッチで、「ブラック・フリーガー」と呼ばれました。スーパーコピー時計当時、この耐傷性のケース素材を使用するのは非常に難しく、これは他の時計メーカーに先駆けた実験的な試みでした。わずか1000本の限定生産であったことから、今ではクラシックなカルトウォッチとして、IWCのタイムピースの中でも最も希少なモデルの一つとなっています。

しかし、その高度な革新性とピュアなデザインにもかかわらず、当時このモデルは注目されませんでした。わずか1000本ほどしか生産されなかった「ブラック・フリーガー」の魅力が時計愛好家によって再発見されたのは、それから四半世紀がたってからのことでした。今では、その上品でネオヴィンテージの魅力によって、Ref. 3705はIWCの近年の歴史の中でも人気の高いコレクターアイテムとなっています。


“トリビュート・トゥ・3705”
このユニークなオリジナルモデル(「Ref. 3705」)をたたえ、その特長をさらに一歩先へ進めたることで、「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ “トリビュート・トゥ・3705”」は誕生しました。革新的な素材を追求したオリジナルモデルと同様、トリビュートモデルも革新的な素材を使用し、ケース、クロノグラフプッシャー、ピンバックルにすべてセラタニウム®を採用しています。
IWCが開発したこの新素材は、チタニウムのような軽さと強さを持ちながら、同時に初代モデルのセラミック製ケースのような、硬度と耐傷性をも備えています。



セラタニウム®とは
シャフハウゼン発の最新の革新的な素材が、セラタニウム®(セラミック化されたチタニウム)です。この新素材はチタニウムに匹敵する軽さと堅牢性を持ちながら、セラミックと同様の硬度と耐傷性を備えています。
セラタニウム®は、IWCのために特別に製造された特殊なチタニウム合金をベースとしています。IWCのレディースすべての部品が、この素材を削り、旋盤加工し、ドリルで穴を開けることによって制作されます。その後、それらを炉で焼成します。この工程で変化が起こり、素材の表面がセラミック化します。焼成によって、傑出した硬度などセラミック特有の性質が備わるだけでなく、魅力的なマットブラックの色合いが生まれます。

【関連記事】:各種人気腕時計の日常メンテナンス

コメント一覧

最新のコレクション情報 URL 2021年12月09日(木)18時51分 編集・削除

ファッションニュースに関する情報と記事の一覧ページです。

2021-2022秋冬で使えるアイテム URL 2021年12月10日(金)18時50分 編集・削除

肌寒い日が多くなる季節到来。是非この機会に秋冬に使えるアイテムを揃えてみてはいかがでしょうか。

人気のウエストバッグも多数 URL 2021年12月10日(金)20時12分 編集・削除

シャネル 偽物 カメラケースこれから迎える秋冬コーデ用としても選べますね。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー