記事一覧

時計にアートとしての価値を授けた、リシャール・ミル「RM 74-01 オートマティック トゥールビヨン」

時計界の常識を覆した稀代の「ウォッチコンセプター」が生み出す時計の姿をした「アート」|リシャール・ミル『RM 74-01 オートマティック トゥールビヨン』
21世紀のラグジュアリーウォッチ界に、最も衝撃を与えた存在といえる「リシャール・ミル」。スーパーコピー初めてこのブランドの名前を知った女性は、まずこの価格に驚愕するかもしれません。

しかし、今や1億円超えのモデルも続々と発表し、それさえもまたたく間に完売。世界的にすべての時計が極めて入手困難な状況が続いているため、ハイエンドの時計ユーザーの心をますます熱くさせています。

長らくラグジュアリーウォッチビジネスに携わっていた創業者のリシャール・ミル氏が、ブランドを立ち上げたのは、2001年。時計師でもエンジニアでもない、「hacopy 届く?」として、11マシンに通じる超絶機構を備えたエクスクルーシブを極めた時計をつくることに心を砕きました。

現在では、ある意味、「成功の象徴」として時計界の頂に昇り詰めた「リシャール・ミル」。時計にアートとしての価値を授けた「時計界のF1」の伝説は、まだ始まったばかりです。



リシャール・ミル『RM 74-01 オートマティック トゥールビヨン』¥56,100,000 ●ケース:グレーサーメット×チタン ●ケースサイズ:縦52.63×横34.40mm ●ストラップ:レザー ●自動巻き(リシャールミルジャパン)
「リシャール・ミル」の多くの時計に採用されているトノー形ケースに、完全自社開発の自動巻きトゥールビヨンムーブメントを搭載。

ケースの「グレーサーメット」とは、独自に開発した特殊金属で、耐腐食性と耐傷性を兼ね備える。鮮烈なレッドのストラップで、至高の個性と存在感を発揮する。

【おすすめの関連記事】:http://hgyao520.top

コメント一覧

大人気tote711市場 URL 2021年10月08日(金)12時20分 編集・削除

ベーシックかつ上品なデザインで、世界中のハイクラスな女性達を魅了し続ける(セリーヌ)